トップページ > 在留資格「技術・人文知識・国際業務」とは

在留資格「技術・人文知識・国際業務」とは

在留資格「技術・人文知識・国際業務」は民間企業で働く外国人のビザ(在留資格)としては最も多いと考えられます。

「技術・人文知識・国際業務」は専門的な知識を持つホワイトカラーの職種が該当します。

 

代表的な職務内容としては、以下のようなものが挙げられます。

・営業

・経理

・貿易業務

・通訳、翻訳

・広報

・デザイン

・SEなどIT技術者

・電機や機械系の技術者

・CADオペレーター

・生産管理業務

 

ビザ(在留資格)に必要な要件は?

では、こういった職種で外国人を雇用する場合、どのような要件があるのでしょうか?

 

1.職務内容と大学・専門学校での専攻との関連性

例えばデザイナーとして働く場合、大学などで美術やデザインを専攻していることが必要です。

SEであれば情報処理を専攻していると関連性が認められやすいといえます。

 

もし雇用したい外国人が高卒の場合、その職務で3年ないし10年の経験が必要です。

この場合、これまでの勤務先の在職証明や退職証明を出すことで求められる経験年数を証明します。

 

2.雇用主と外国人の間に契約があること。

直接雇用であれば雇用契約、派遣であれば派遣契約などが結ばれている必要があります。

契約がない、ということは仕事が決まっていない状態となりますのでビザ(在留資格)はもらえません。

 

3.会社の経営状態

雇用先が安定的・継続的に雇用できるか、ということが問われます。

 

4.日本人と同程度の待遇を受ける

給与面で同じ職務の日本人と同じかどうか、が問われます。

外国人だから、という理由で給与を低く設定することはできません。

 

5.外国人の素行が悪くないこと。

雇用予定の外国人が前科がある、など素行が悪い場合はビザ(在留資格)が認められません。

 

以上のような要件を満たす必要があります。

 

無料診断受付中